MENU

多嚢胞性卵巣(PCOS)の原因

 

多嚢胞性卵巣(PCOS)発症の原因については、現状ではまだ解明されていない面が多くあります。 このため医療機関では、幾つかの可能性に合わせた治療や対処を行っています。

 

多嚢胞性卵巣(PCOS)の原因として有名なのは、アドレナーキ説、内分泌の不調和、遺伝的要因説です。

 

ただ、いずれも原因として定かとされているものではなく、あくまで仮説段階のものばかりと言えます。

 

ですので、例えば遺伝的要因説の場合、自分の親族に多嚢胞性卵巣(PCOS)がいるから自分も発症するのではないかと、過剰に不安を抱く必要はありません。

 

どうしても不安が拭えない方は、何よりも一度検査を受けてみるようにしてください。

 

 

  • アドレナーキ説

    アドレナーキが過剰に分泌されることに原因があると考えられている説。
    アドレナーキとは、子供の成長過程(6~8歳頃)において分泌される、大人になるためのホルモンです。

  •  

     

  • 内分泌(ホルモン分泌)の不調和説

    排卵に必要となる視床下部、下垂体、卵巣それぞれのホルモン分泌過程の不調和に原因があると言われている説。
    ここで言うホルモン分泌過程の不調和とは、アンドロゲンが過剰につくられエストロゲンの生産が低下してしまう状態を指しています。

  •  

     

  • 遺伝的要因説

    生まれながらにしてX染色体の数や構造に問題があることが原因と言われている説。
    患者の身内に同様の症状を発症しているケースが多く報告されていることが理由となっています。

 

多嚢胞性卵巣のリスク

 

不妊症や月経不順などの悩みを抱える人が増えてはいるものの、その理由や原因は人それぞれです。

 

ですがもし、その原因が現段階では根本的な治療法のない多嚢胞性卵巣(PCOS)にあるのだとしたら、特に妊娠を考える人達にとっては大きなリスクや不安となることは間違いありません。

 

そんな多嚢胞性卵巣(PCOS)に有効的と言われている対処法のひとつがグリスリンです。 グリスリンの摂取には、状態に改善が見込めるかもしれない可能性が高く秘められています。

 

多嚢胞性卵巣(PCOS)になったら、グリスリンをサプリメントで摂取して対処してみる。 何も出来ないと嘆くばかりでいるのなら、実際に改善の見込みがあったひとつの可能性を信じてみてもいいのではないでしょうか。

 

グリスリン